ホステスでもできる超簡単タイムマネジメント方法

どうも!二度寝のプロ、AYAです!

飲みすぎちゃうと、どうしても朝起きられないんですよね!(ダメ人間1号)

今日は夜働く、こんな私でもできる、時間を管理する方法を紹介します!

この内容は、メンタリストダイゴさんの本「片づけの心理方法」から学び、私が実際に実践して、よかったことや、プラスで付け加えた考え方、ポイントを紹介しています♪(とても良い本なのでぜひCHECKしてみてください!)

DAIGOさんにはお会いしたことがあり、本当に知識量がやべええ!方だと確信しています。

 

頭もすっきり!ただだらだらしているだけでも、1日の満足度が上がる方法をお伝えします★彡

さあ、いきましょう!

ホステスでもできる超簡単タイムマネジメント方法!

時間管理こそ、誰もが一番やらなければいけないことで、でも後回しにしやすいことだと思います。

毎日のことだから、管理したくても、すぐにだらけてしまったり、意思に負けてしまったりしますよね。(ウンウン)

ところで皆さんにとって、『時間』とはなんでしょうか??

 

〜〜シンキングタイム〜〜
チクタクチクタク(°▽°)

 

さて、正解はないです。自分の中で見つけてみてください。というのが答えですね♪

私にとっては、時間は、人生そのものです。

つまり『生きる=時間』

時間があるということは生きているということ。

時間がないというのは、死んでいるということ。

なので自分の時間をどう使うのか、というのは、自分の人生をどう過ごすのか、ということだと考えています。

1日を満足して過ごせるような生活にできると、とってもいいですよね( ✌︎’ω’)✌︎

ではステップごとに話していきます!

step1:タスクを全て書き出す

やっとかなければいけないことや、片付けないといけない事を、全て書き出しましょう!

ポイントは小さなことでも書き出すことです。

洗面所を掃除、とか、誰々さんに連絡、とか、ボディクリームを買う、クレジットの住所変更、などなど。思いつくものを全て書きます!

また何かしていてふと思い出したものも全て書くようにします。

 

これには理由があります!!!

何故かと言うとどんなに些細な事でも、「これやっとかなきゃいけない」と思っているだけで脳は疲れてしまうんですね。

タスクがずっと頭の中にあるだけで、脳を使ってしまっているので、「仕事している気分」「忙しい」と思ってしまうんです。

 

例えばテレビを見ながら休んでる時間のはずなのに、やっとかなきゃいけないことが頭の中にあると、なんとなくずっとそれを考えてしまって、ちゃんと休めなかったり、追われていて忙しい気持ちになってしまうことってありませんか?

 

休むときには、ちゃんと休む。このためにもタスクを全て書き出して、やらなければいけないことを、頭の中から出してあげることが大切です。

結果的に、脳の疲れを軽減させることができて、集中力を高める効果もあります!

 

step2:書き出したタスクのやる時を決めてしまう

書き出したタスクの、やる日を決めてしまいましょう。

これを決めないことには、先ほど行ったように、「やらなきゃいけない!」と思うことで、ずっと忙しい気持ちが離れません。

 

さてよくタイムマネジメントの自己啓発本には、タスクを「いついつの何時にやる」といった細かな事まで決めるように書かれていることが多いです。

が!正直私は1つ作業が終わらなかっただけで、ぐだぐだと全部終わらなくなってしまい、さらにはやる気をなくして、もうええわ!今日!と投げ出してしまうタイプなので( ´ ▽ ` )笑

そんな私には、細かいスケジュールは向きません。(ドヤ顔)

大まかに3つに分けて予定を組み込みます。

午前・午後・夜』です。

分け方のポイントは

午前:
1番頭が冴えているので頭を使う作業・集中力の必要な作業に適しています。(例)パワポ作成、文章を考えたり、アウトプットすること、企画、作成

午後:
ご飯を食べた後、眠くなってしまうし、1日が長いからまだ大丈夫〜とダラダラ過ごしがちなので、頭を使わない作業で、やっておきたい事を入れます。
(例)メール返信、誰かに電話、筋トレなど。
私は誰かと話すことで目が覚めるのでMTGとかをいれることも多いです。興味があってワクワクすることの調べ物とか。(とにかく眠いから)

夜:
単純作業で片付くことに適しています。
(例)掃除、整理、データ管理など。
私にとっては読書もこの分類に入ります。努力なしで、その世界にのめり込めばいい。みたいな感じ。

さて、この3つに分けて、書いたタスクを振り分けていきましょう!

step3:「ダラダラする」という予定を入れる

タスク管理とかをしていると、やらなければいけないことでスケジュールが埋まってしまうことがあります!

でもズーーーット頑張り続けることって人間不可能ですよね。

好きなことをただ、ダラダラする時間。ってとても大事だと思います!(ウンウン!)

私のような、すぐ疲れちゃって、あー予定通り行かない、むりダア。と、メンタルの弱い人間は、ダラダラする時間やぼーっと本を読む時間がないと生きていけません。(笑)

 

でも、休みの日とかにダラダラしていると、あとですごく罪悪感があったり後悔したり。

あーもっとあれやっとけばよかった、これ片付けとけばよかった・・・と思ってしまうことってありませんか、はい、あります。

 

そんな人たちには「ダラダラする」ということをタスクにしてしまう!

そして予定に組み込んじゃうですね。

その時間には何をしててもいいし、テレビをずっとエンドレスで見てもいい、ゲームをしてもいい。

タスクにして、時間をとってダラダラするだけで、同じダラダラなのに、罪悪感や後悔が達成感に変わるんです!

ちゃんと時間通りにダラダラできた( ✌︎’ω’)✌︎ よくやった私( ✌︎’ω’)✌︎

と!!(ニッコリ)

特に私は二度寝のプロなので、定期的に、「存分に寝まくること」というのをタスクにしています。

その日は、昼までず〜〜〜と布団の中。あぁ気持ちいい。

どんなに寝ても、予定通りなので罪悪感無し。

しかも、寝まくる時間を儲けてるので、ちょっと眠い時でも、明日は寝まくれるぞ!とがんばれます。(ニッコリ)

 

この方法で、お酒が好きな人は「飲みすぎてもいい日」などを作ることもできます。初めから絶対楽しい飲み会予定があるなら、予定に入れちゃうと、飲み会自体も楽しめるし、次の日も、こういう予定だから。罪悪感なく頭もすっきり過ごせます。

step4:「予定を入れない」という予定を入れる

超絶日本人あるあるの話をします。

日本人はこれでもか!ってくらい休日に予定を入れたがる!!

真面目で日頃忙しくて、自由な時間が少ない日本人のライフスタイル、休日に、やりたいことをあれもしようこれもしようと予定をパンパンにする人が多くいます。

私もかなりそういうタイプだったのですが、旅をしている最中に、「日本人はなんでそんなに計画的で、忙しそうなの?」とのんびりコーヒーを飲んで特に何もすることのない時間を楽しむ人たちに言われたことがあります。

そして、やりたいことのはずなのに、「予定」に追われてる、と実感しました。

休日の予定がぎっしり詰まっていると、充実しているように感じます。もちろんそういう日があるのはいいことですが、あまりにも予定をぎっしりと詰めてしまと、とても危険なことがおこるんです。

それは

とっさにやりたいと思ったことができない!ということです。

例えば英語の勉強したいなーと思った時に、次の休みの日もその次も、来月も、全部予定が埋まっていると、いつまでたっても英会話を始めることができません。

やりたいと思ったときに、いかにすぐに予定しちゃえるかっていうのはとても大事です。

そういった、「あ、これやってみたい!」をすぐにできるために、「予定を入れない」という予定を先にいておくんです!

自分の新しい挑戦や、発見ができる、自問自答の時間です。

 

「忙しい」に追われていて、「忙しい」を理由に、何か新しいことを取り入れられない人を良く目にします。旅ひとつでも「旅したい旅したい」と言いながら旅できない人はスケジュールがぎっしり埋まっている。

予定を入れない、空白のスケジュール』というのをなるべくたくさん、入れてあげてください♪

予定があることが満足なのではなくて、やりたいことをやれることが満足につながります。

まとめ

私は、特別に時間管理が得意なわけでも、自分に厳しくメンタルが強いわけでもありません。

すぐに飲んだくれちゃったり、眠くなっちゃったり・・・(笑)

だからこそ、こうやって方法を使うだけで、楽しく、満足のいく1日を過ごせるようになりました。

そして旅をしていて、外から日本人を見ると、本当に日本人は頑張りすぎ!忙しすぎ!と感じます。

 

動いてないないと、罪悪感があったり、後悔を感じてしまう人も多いんじゃないでしょうか。だから予定もぎっしり。

空白の時間で、自分の声を聞く、その時思ったことをやってみる、というのがすごく足りていないなあ。と感じます。

 

自分と向き合う時間をもっととって、楽しいと思ったり、疲れてるな、と気づいてあげたり、体や心を癒してあげてください。

  

がんばりすぎないでいいんじゃない( ✌︎’ω’)✌︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です