【会社に務める/フリーランスのメリット・デメリット】様々な業種の人たちの意見まとめ

どうも!リアルトークを得意とするAYAです!

今回も旅まみれ企画「毎週木曜日飲みディスカッション」で話し合った内容をまとめます!パチパチ

今回のテーマはこちら

まずは前編

会社に勤める、メリット・デメリット

フリーランスの、メリット・デメリット

についてディスカッションしました。

こんな時代、こんな状況だからこそ、自分の働き方を見直している人はたくさんいるのではないでしょうか?

このコロナで状況がとても変わる人がいます。

自分は変わらないと思っていても、世の中の状況が変わって、変化していくことは目に見えている今なので、自分の働き方と、世の中の動きと向き合っておく必要がある時なのかと感じています。

そんな思いで、今回のトピックにしました。

ディスカッション風景はこちら。

Contents

会社に勤める/フリーランスのメリットデメリットまとめ

ではいきましょう!!

会社に勤めるメリット

同期がいる

一緒に頑張る仲間や、同期がいることは、精神的にも頑張りやすいし切磋琢磨できる。

目標が決まっている

初めから会社としての目標が決まっていてそこに向かって頑張る

会社が負担してくれる

こういったコロナのような突然の状況でも給料をもらえる

会社が責任を持ってくれる

物凄い失敗をしたとしても、たいては会社が責任をとってくれる。

環境が整っている

学べる環境がすでにある。上司や専門に詳しい人がいたり、過去データがあったり、勉強会があったり、その環境で多くのことを学べ、知ることができる。教育制度がある。

マニュアルがある

過去の人の実績や失敗に学んだ資料があったり、様々なことがマニュアル化されてるから仕事の効率化を測れる。失敗を減らすことができる。

マナーを教わる

新卒で入ると、世の中や会社の、とりあえず覚えておくべきマナーを一通り教えてもらえる。

信用力がある

会社の信用力が、自分の信用力になる。家を借りやすい、ローンを組みやすい。
会社の名詞があると仕事が取りやすい。

国の保証がある

国からの保証が会社に対してあるため、その保証を会社員も受けることができる。

金銭的な安定

一定額(またはそれ以上の)収入が決められているため、金銭面で、あまりの上下はない。ある程度いくら稼げるかが、働いていてもわかるため、予定を入れやすい。将来が見えやすい。

チーム力

一人でできないことも、会社のチームの力でやってもらえる。相談できる人がいる。

会社の規模が使える

個人規模ではできない仕事内容に携われる。たくさんの人で一つの物を作り上げる。

福利厚生がある

家を格安で借りれたり、保険など、福利厚生があって便利。自分でいろいろな手続きをする手間も省ける。

会社員をしながら新しいことに挑戦するのが低くなってる副業時代になってる

会社に勤めるデメリット

時間的自由が少ない

生きていく時間割がある程度決まっている。起きる時間、働く時間、食べる時間、帰る時間、寝る時間、など決まった中で動く。
仕事内容によって、残業が多くなったり、自分の時間が全くなくなってしまう可能性もある。

収入的自由がすくない

職業にもよるけれど、給料がある程度決められている。
社会全体のバランスで、初任給など、ある程度決められている。

会社の規定がある

服装や働き方などに会社の規定・ルールがあるので、従わないといけない。

自分の意思が通用しにくい

やりたい、やりたくない、ではなくて、言われたことをやっていくので、自分の意思や意見が通りにくい。個人の考えよりも、会社としての考えがベースにある。

危機感がない

会社の保証・国の保証のなかにいるので、個人としての危機感がない。
何かあっても守ってもらえる、という気持ちに自然と(環境によって)なってしまっている。

会社の仕事=自分のやりたいこと ではない人が多い

自分の本当にやりたいことと仕事が直結している人は少ない。

仕事としてこなしていくことや、目の前にある作業していくことで、安定したお金がもらえるので、やりたいことをやる習慣がない。

自分がやりたい、と本当に思うことをやる大切さを感じにくい。

時間的自由が少ないのもあり、やりたいことが分からない人も多い。

視野が業界に偏る

社内や同業の人と関わる機会が多いため、視野を広げるような、全く違った出会いが少ない。視野が狭まり、生活や考えが偏りやすい。

挑戦がしにくい

時間的、金銭的安定を得られるため、自ら新しいことに挑戦するのが難しい。休みの日も決められているため、勝手にできないことが増えてしまっている。

人間関係がしんどい

社内の人間関係を自分で決められない。関わりたくない人と関わり続けないといけない。パワハラなどがある。

日本人と外国人の違いで会社のために自己犠牲するのが当たり前だからそれが新津

フリーランスのメリット

【自由】全て自分で決めることができる

環境的自由
自分で関わる人、仕事をする人を決めることができる。
お客さんを自分で決めれる。

金銭的自由
やればやるだけ自分の収入になる、稼げる上限がない。

時間的自由
24時間をどう割り当てて仕事をするのか、スケジュールを全て自分で決めることができる。

場所的自由
どこに住むか、どこで仕事をするか、自分次第。

達成感がある

自分が本当にやりたかった事(仕事)であれば、報酬がどうであれ、とにかく達成感がある。生きがいになる。

自立できる

誰に頼ることもなく、自分で働かないといけないため、様々な分野で自立できる。

自分を知れる

自分のできる事、できない事が浮き彫りになり、自分自身を知ることができる。過信してる部分や、意外にできることも発見できる。

人に感謝できる

小さなことでも、自分で作り上げてるものに、何かしてくれた、など、ほんの少しのことでも感謝できる。一つ一つの感動が大きい。

やる気をもって取り組める

自分がやりたいことだからこそ、馬力を上げて、やる気を保って行動できる。

自分のレベルアップになる

自分のやりたいこと、自分でやるしかないこと、なので、より勉強するし、スキルアップのために努力する。結果自己のレベルアップに繋がる。

視野が広がる

出会いの幅が職業・場所に囚われないため、無限にあり、視野が広がる。やりたいことやできることが広がる。

休みが取りやすい

時間的自由、の項目であるが、特に長期休みなど、自分のスケジュール次第。

やりたいことの幅が広がる

なんだって挑戦してもいい。なんだってやってみていい。その時間を自分で決めていい。

失敗し放題

トライアンドエラーを繰り返して行ける。成功も失敗も自己責任。

とにかく個人の力みがく

自己スキルさえあればなんでもできる

自分のスキルさえあれば、分野問わず仕事にできる可能性がある。そのスキルを磨ける。自分だけの自信になる。応用が効く。フリーのあとに会社に務め流ことになってもスキルがあれば有利。

自己管理を学べる

怒られない

自分次第なので怒られることがない、怒る人がいない。

楽しいと思うことをやればいい

これがしたい!これが楽しい!とただ思うことをすればいい。とてもシンプル。思いのままに進める。

今の時代にあってる

個人の力がこんなにも大事だと言われている時代だから、フリーランサーは増えるだろうし、フリーランスに対する世間の味方や、国の保証は増えていくのではないか。

精神面を磨ける

度胸がある人が多い。ポジティブな人が多い。熱い人が多い。

自分で作りあげる面白さがある

 

フリーランスのデメリット

24時間仕事でもあり、24時間プライベートでもある

休みと仕事の概念があまりないので、休んでるつもりでも仕事のことを考えてしまう。

守ってもらえない

コロナのような急な情勢変化で、仕事がなくなってしまっても、誰も守ってくれない。自分で仕事をとってこないといけない。

社会的信頼がない、ブランド力ゼロ

審査が通りにくい。ローンが組みにくい。ブランド力がないため、信頼がない。

本当に全て自己責任、リスクが大きい

全てを自分で管理していかないといけないので、とても大変。また、言い訳ができない。何が起っても全て自分。

自己管理が必要

強制力がないから、頑張らないと仕事がなくなる。誰も怒ってくれないから、自分で頑張り続けないといけない。

収入が不安定

働かないと収入がない。続けて取れる収入が難しい。単発の仕事だけだと、収入は不安定のままになる。

メンタルが安定しにくい

収入が安定しない。とにかくやること全てが挑戦なのでいつも不安と隣り合わせ。

自分の周りから人が離れる

自分がいいと思ってるものを営業してても、相手に伝わらないと離れていってしまうことがある。フリーランスという生き方自体、不安定なものだと思われて、反対されることもある。

寂しい

全部一人でやっていくもしろさや、自由さはあるが、寂しい。

実力社会

結果を出さないとダサい。認めてもらえない。

まとめ

メリット、デメリット、どちらもたくさん出てきました。

「自由」というワードが多く出てきましたが、「自由と責任はいつもセット」ということが、メリットとデメリットを書き出す上で特に浮き彫りになったのではないでしょうか。

私的には、SNSが日常になったことで、個人の力を発揮できる場が増えたので、フリーランスとして生きる人は増えていくと思っています。また、会社員のメリットとして多く挙げられた、「安定」というのは、コロナによっても世界規模で財政状況が変わるなど、本当に安定なのか?という疑問が増え、今後のメリットにならない可能性も高いと感じています。

会社員といいところと、フリーランスのいいところを、うまくバランスよくとった社会になっていくのでは、、と考えています。

その駆け出しとして、実際に副業できる会社はかなり増えているので。

会社が保証してくれない時代、会社の中にいながら、個人の力がとても大事になる時代、と変わっていくのか・・・

また、いつだって考えていたいのは、「仕事に何を求めるのか」という自分だけの、自分自身の答えなのだと思っています。

ということで、次回は、この続き、今後、どうなっていくのか?という各自の予想や、自分はどうしていきたいのか?という部分をディスカッションしていきます。

ああ、楽しみ!

では!

次回のディスカッション情報はコチラ★彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です